本文へスキップ

司法書士を札幌でお探しなら!

TEL. 011-700-2151 札幌で初回相談無料

札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

所長のコラム(前回)

所長のコラムバックナンバー

最新のコラム 過去のコラム一覧

2018年2月6日(火)
そのメモ!その手帳!捨てる前に・・・
 
 無くなった方の遺品を整理していたら、遺言書らしき書面があったけれど、封筒に入ってないし誤字だらけ。
しかもメモ帳やノートに書いてあるだけ。こんなの役に立たないだろうから捨てよう・・・。お棺に一緒に入れてあげようかな・・・。

ちょっとお待ちください。
こんな場合でも遺言書として有効かもしれません。

遺言書は法律で形式が決まっている書面で、作成方法、記載方法に誤りがあると、効力が無くなってしまう場合がありますし、自分で書く自筆証書遺言書は一生に一度書くかどうかの書類なので、書く方の年齢、ご病気、勘違い等が原因で誤字や脱字や記載方法のミスをしてしまう事が確かにあります。

しかし、意外に思われる方もいますが、遺言書の重要じゃない場所のミスは効力には影響ありません。
例えば、高齢や病気ゆえに手が震えて平仮名しか書けず、「わ わたしは、ぜ ぜんざいさんを妻〇〇に、そ そうぞくさせる」と記載しても、全く問題ありません。

また、封筒に入っていなくても有効ですし、ノートや便箋やチラシの裏に書かれた遺言でも、形式さえ整っていれば有効なのです。

札幌で遺言書かどうかわからない

亡くなった人が筆まめな方で、日記をつけていたり、メモ魔の場合、日記帳やメモ帳などに遺言書が含まれている場合や、そのすき間に紙きれ1枚だけの遺言書が挟まっている場合があります。

よく「故人が大切にしていたから」という理由で、親族の方が葬儀の際に御棺に入れて一緒に火葬してしまうケースがあるのですが、後から私達が「何か日記でもメモ帳でもかまいません。ありませんでしたか?」と伺った際には時は既に遅しです。

故人に失礼な・・・と思われるかもしれませんが、故人が自分亡き後のために御意思を残されている可能性がありますので、まず中を確認することをお勧めします。

内容がおかしいような気がする、読みにくい、メモ帳のような外見で安っぽくて有効に見えない、手帳に書いてあるだけ、封筒に入ってない・・・そんな書面であっても、遺言書のような内容の場合は、まず一度専門家に相談される事をお勧めします。

寺西広司法書士事務所でも、無料でご相談を承っておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

 




寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所


札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内

札幌相続手続き相談室

札幌会社設立相談室

札幌司法書士お知らせ
札幌で夜間司法書士相談実施

夜間相談も承ります


お仕事の帰りも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。
更新情報

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所