本文へスキップ

札幌で後見申立てなら!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

後見の申立て

札幌での後見人申立て後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などによって、判断能力が不十分な方のために、支援する後見人(または保佐人や補助人)を選任してもらう制度です。

手続きとしては、家庭裁判所に後見(または保佐・補助)開始の申立てをします。(家庭裁判所への申立てとなりますので、申立て書類作成や相談業務は弁護士と司法書士しかできません)

ご本人様の判断能力の状態によっては、後見人ではなく、保佐人や補助人が選任されることもあります。

後見人には親族がなる事も可能ですが、家庭裁判所の判断によって弁護士や、司法書士などの第三者が選任される事もありますので、それを理解した上で申立てする事になります。

しかし、誰が選ばれてもご本人様のために財産を管理する事には変わりはなく、財産の入出金等について家庭裁判所への報告義務が義務付けられており、重要な契約等をする場合には家庭裁判所の許可が必要となります。

また、成年後見制度は、障害のある人も家庭や地域で通常の生活ができるような社会を作ると言う理念をもとに作られた制度ですので、後見人が選任されたとしても、ご本人様は食料品や日用品等の買い物など、日常生活の範囲での行為は自由に行うことができます。


寺西広司法書士事務所では後見制度専門サイト
「札幌 成年後見相談室」もご用意しております。 ⇒⇒⇒
詳細な情報もございますので合わせてご覧下さい。





成年後見(法定後見)の申立てはご自分ですることも可能ですが、平日の日中に家庭裁判所とのやりとりが必要です。お忙しい方やお悩みの方、初回相談は無料とさせていただいておりますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

尚、家庭裁判所への申立てが現在増加しているため、完了までに3カ月程度の期間がかかると言われております。内容によっては調査が行われますので、その場合はさらに時間を要します。
重要な契約をお考えの場合は、早めに申立てをしておくことをおすすめしています。

◆費用のご案内

当事務所報酬 7万円(税別)から

実費(申立てに係る印紙・切手等)

※お客様に取得していただく医師の診断書費用が別途かかります。

 ※初回相談は無料とさせていただいております。
 ※相続人多数の場合、当事務所に必要書類の取得を依頼された場合、
  などにより報酬は変わります。ご相談の際にご確認下さい。
 ※法定後見申立てには医師の診断書が必要となり、札幌の場合は
  6万円前後必要なようです。

寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内

札幌相続手続き相談室

札幌会社設立相談室


札幌司法書士お知らせ
札幌で夜間司法書士相談実施

夜間相談も承ります


お仕事の帰りでも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。

更新情報
  • H29.8.4 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所