本文へスキップ

司法書士を札幌でお探しなら!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

自筆証書遺言にまつわるトラブル


自筆の遺言トラブル1「自筆証書遺言が修正液で訂正されていて、無効になってしまった!」
    


自筆証書遺言は危険修正液での訂正に限らず、日付が不確か、押印がないなど形式が不備の場合は遺言そのものが無効になってしまいます。自筆証書遺言の一番危険なところです。


自筆の遺言トラブル2「 自筆証書遺言に「預貯金全部」と記載さていたが、他に投資信託や株式があり、記載されていない財産については相続人全員で遺産分割協議をしなければならず、結局トラブルになった」


自筆証書遺言の内容遺言書を書く上で、のちのトラブルを避けるため注意する点がいくつかあります。しかし、ご自分で書かれた場合、財産の記載漏れや内容が不明瞭と言うことで、結局トラブルになってしまうケースが少なくありません。
弁護士や司法書士等の法律のプロは、そのような事がないようアドバイスしますので、費用はかかりますが作成を依頼して内容を確認してもらう方が、手続きもスムーズで安心です。


自筆の遺言トラブル3「 父が自筆証書遺言を残してくれたが、他の兄弟が『父の字じゃない』と筆跡鑑定をし、偽造を疑われて裁判で争う事になってしまった。」


自筆証書遺言札幌残念ながらこのようなケースも少なくありません。訴訟になった場合は長期化が予想されます。事前に紛争が予想される場合はやはり公正証書遺言が確実です。



自筆の遺言トラブル4「 自筆証書遺言があり自分が財産を相続したが、他の相続人から『母は 認知症で正常な判断ができなかったはずだ。無理に書かせたんだろう』と訴えをおこされた」


自筆で書いた時認知症では?これもよくあるケースです。公正証書遺言の場合は公証人が遺言者に判断能力があるかどうかをきちんと判断して証人も立てた上で作成しますので、公正証書遺言にしていればこのようなトラブルは防げます。



札幌で遺言書なら公正証書で

寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

費用は変わりません。

更新情報
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所