本文へスキップ

相続放棄(再転相続)は札幌の寺西広司法書士事務所へ

TEL. 011-700-2151

札幌市北区北9条西4丁目7-4エルムビル10階


相続放棄(再転相続)をしたい

連続する相続の、前の相続だけ放棄したい時

札幌で相続放棄(再転相続)
再転相続と言う相続があります。
再転相続とは、例えば、A(祖父)→B(父)→C(自分)の順番に相続が起こり、BがAの相続について承認又は放棄の選択をしないまま死亡した場合、CはAの財産についても相続すると考えがちですが、場合によってはCがA(祖父)の相続について承認か放棄を選択する事ができると言うものです。

ここで大事なのは、相続が起こった事を知った日です。
相続放棄は相続を知った時から3ヶ月以内であれば申し立て可能とされている事は有名ですが、この期間は「その者の相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から起算する。」とされています。

つまり、もしC(自分)がA(祖父)の相続の権利が自分にある事を、B(父)の死亡時に知った場合、Bの死亡を知った時からAの相続についても起算する事ができるため、CはA(祖父)の相続についても承認又は放棄か検討する事が可能となり、相続放棄する事が可能となります。

再転相続による相続放棄が認められるかどうかは、お客様のケースによりますので、まずは早急にお問合せ下さい。相談無料です。メールでのご相談もお受けしています。


 費用のご案内
(再転相続による相続放棄)
 当事務所報酬 金3万円
(税別・日当交通費・調査費用等含む)


実費(戸籍・印紙代等)

再転相続で相続放棄できる可能性のあるケース

父が昨年他界した。父が子供の頃に祖父母は離婚しており、父は祖母に引き取られたため祖父とはその後会ったこともなく生死もわからないと聞いていたのだが、ある日役所から突然通知がきて、祖父が数年前に亡くなっており、祖父の所有する家は今は空き家で、固定資産税を滞納しているので、孫の私に支払うようにとの事だった。私は祖父の滞納した固定資産税を払わなくてはならないのか。

母が最近亡くなりました。母には兄が一人いると聞いていましたが、親族の誰もその行方を知りませんでした。ところが、ある日私のところに金融機関から母の兄が借金を残したままだいぶ前に亡くなったので、唯一の相続人である姪の私に支払いを求める文書が来ました。私にはこの借金を払わなくてはならないのでしょうか。


寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

札幌の司法書士村中修二
札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内
札幌相続手続き相談室
札幌会社設立相談室
 お知らせ
 

夜間相談も承ります


お仕事帰りも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。
更新情報
  • H31.3.25 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H30.2.6 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H29.8.8 
    法定相続情報証明」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所