本文へスキップ

札幌で信託登記なら!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

信託登記

不動産の信託登記とは

札幌で信託登記なら不動産を、信託銀行などに預ける(以下、信託すると言います)ことで管理や運用を任せて、そこから発生する家賃などの利益を、預けた人または預けた人が指定した別の人が受け取ることができます。

これを信託登記と呼び、預けた人を「委託者」、預けられた側を「受託者」、利益を得る人を「受益者」と呼びます。
このとき預けられた不動産について信託登記申請をすることで、その不動産が「信託された財産である」と第三者に公示することができます。

信託の登記がされると不動産の登記簿には信託原簿と呼ばれるものが追加され、信託原簿には、信託に関する事項が記載されます。

この登記によって、その不動産が受託者の固有財産ではないことを第三者に公示できるため、万が一受託者が破綻した場合でも債権者からの差押等を防止する事ができます。

このように信託を利用することで、不動産そのものと、そこから発生する利益を切り離してしまうことが可能となり、不動産は金融機関等に信託し、その不動産から発生する権利だけを家族に譲ったり、相続させたりすることが可能です。加えて、不動産を売買等で所有権移転する事に比べ、不動産に関する税金が軽減されます。

札幌での信託登記はお任せ下さいまた、管理に不安のある高齢者の不動産等を、親族や関連会社に信託することで、詐欺等から財産を守ったり、遺言と信託を組み合わせて、相続に伴うトラブル対策をすることもできます。
(※営業として法人が信託を取り扱う場合、金融庁の厳しい規制があります。)

信託の際には、契約により期間を定めたり、利益を得る「受益者」を自分以外の人に指定する事ができます。よって、期間が終了したり、売却する場合は、あくまで預けている状態なので、信託登記を解除して不動産を元の状態に戻すことができます。

寺西広司法書士事務所では、これまで信託登記手続きも取り扱って参りました。首都圏では比較的利用されている制度ですが、札幌でも増加しつつあります。

信託事項を変更したり、信託されている不動産の信託を解除して、元の状態に戻す登記申請手続きなど、信託登記をお考えの際にはお気軽にご相談下さい。
尚、料金については登記の内容によって異なりますので、ご相談の際にお問合せ下さい。

 費用のご案内    当事務所報酬  要相談(登記内容による)
 +
 実費(登録免許税等)

       

※費用等については登記内容によって異なります。
お手数ですがお問い合わせ下さい。



寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

費用は変わりません。

更新情報
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所