本文へスキップ

札幌で本店移転手続きは!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

本店移転の手続き

本店の所在地を変更する

札幌で本店移転手続き引越しや住居表示の実施などで、会社の本店の所在地を変更した場合は、本店移転登記申請が必要となります。

会社法では、本店所在地の変更日から2週間以内に変更登記をしなくてはならないと定められており、遅滞した場合は過料を課せられる事がありますので、注意が必要です。

尚、代表者の自宅を本店所在地にしていて、自宅の移転とともに会社の本店も移転する場合は、代表者の住所変更登記も必要になります。コチラも合わせてご覧ください。
当事務所で同時に登記申請する場合は当事務所報酬がお安くなりますのでお問い合わせください。

また、本店ではなく支店の所在地を変更する際も、基本的な手続きは本店と同じです。ご変更の際にはお気軽にご相談下さい。

札幌で本店移転の登記

札幌で本店の住所変更会社の引越しにより本店移転をする場合、まずは定款の中で本店所在地がどのように記載されているのか確認が必要です。記載内容によって必要書類など手続きの内容が変わります。

@登記手続きだけで、定款の変更は必要ない例

  1. 定款に本店を「札幌市に置く」と記載されており札幌市内で移転する場合。
  2. 定款に本店を「札幌市中央区に置く」と記載されていて、同じ札幌市中央区内で移転する場合。

上記2つのように、本店移転をしても定款の記載内容が変わらない場合は、登記申請手続きだけを行います。

A登記申請手続きの前に、定款の変更も必要な例

  1. 定款に本店が「札幌市北区北9条西4丁目7番地4に置く」など、詳細に記載されている場合。
  2. 定款に本店を「札幌市○○区に置く」等と記載されており、他の区に移転する場合。
  3. 定款に本店を「札幌市に置く」と記載されており、他の市に移転する場合。

上記3つのように、移転にともない定款に記載されている内容も変更しなければならない場合は、本店移転をする決議をした株主総会議事録(株式会社の場合)や、総社員の同意書(合同会社の場合)等、定款変更をする決議をした書類が必要となります。
必要な書類は法人の種類によって異なりますので、定款の変更を伴う本店移転を予定されている場合は、まずご相談下さい。

また、上記Cの場合に法務局の管轄が変わる事があります。変わる場合はコチラもご覧下さい。

 費用のご案内
(同じ法務局管轄内で移転)
  当事務所報酬 金2万5千円(税別)
+
実費(登録免許税 金3万円・事後謄本費用)
 費用のご案内
(異なる法務局管轄へ移転)
  当事務所報酬 金3万円(税別)
+
実費(登録免許税 金6万円・事後謄本費用)

 ※他手続きもご依頼される場合別途費用がかかります。ご相談下さい。
 ※完了後にお渡しする登記事項証明書一通分の費用が含まれています。
  1通以上必要な場合には、必要通数分の実費を追加で頂いております
  のでご依頼の際にお申し付け下さい。
 ※当事務所の司法書士がお客様の所へお伺いする場合は、出張費を頂く
  事がありますのでお問合せ下さい。

  札幌で本店の住居表示実施

札幌で本店の住居表示実施引越しをしたわけではないけれど、市区町村の都合で本店所在地の番地の部分のみが変更になる場合があります。
これを「住居表示実施」といい、札幌市の場合は中心部を除きほぼ全域で随時「住居表示実施」がされております。

例えば、「札幌市〇区南〇条西〇丁目123番地」から「札幌市〇区南〇条西〇丁目1番1号」と変更になった場合です。

このように住居表示実施の際も本店所在地の変更登記をし、登記事項証明書(登記簿謄本)の記載を変更する必要があります。

ただし、この場合は引っ越しでの移転と違い、申請書に住居表示実施があったことの証明書を添付すれば、申請の際に必要な登録免許税は非課税となります。
非課税の証明書として住居表示実施が行われた際に自治体から送付された通知文書や、役所で発行されるじ「住居表示実施証明書」が必要です。

 費用のご案内
(住居表示実施)
  当事務所報酬 金2万5千円(税別)
+
実費(登録免許税は非課税・事後謄本費用)

 ※他手続きもご依頼される場合別途費用がかかります。ご相談下さい。
 ※完了後にお渡しする登記事項証明書一通分の費用が含まれています。
  1通以上必要な場合には、必要通数分の実費を追加で頂いております
  のでご依頼の際にお申し付け下さい。
 ※当事務所の司法書士がお客様の所へお伺いする場合は、出張費を頂く
  事がありますのでお問合せ下さい。


札幌から本店移転するとき

札幌法務局以外への本店移転北海道内では法務局の管轄統合が進み、札幌法務局管轄の地域が増えました。しかし、本店移転により管轄法務局が変わる場合、手続きが少し複雑になりますので注意が必要です。
例えば「札幌市→旭川市」や「札幌市→東京都」等に移転した場合です。

まず定款変更をする事になりますので、本店移転の決議をした議事録や総社員の同意書(合同会社の場合)等、定款変更決議をした書類が必要です。必要書類は法人の種類によって異なります。

また、この場合は登記申請の際に「元の管轄法務局用」と「新しい管轄法務局用」の2通の登記申請書が必要で、登録免許税がそれぞれの法務局に金3万円ずつ(合計6万円)必要となります。

手続きが通常の本店移転とは異なり定款変更も伴いますので、管轄法務局が変わる本店移転をお考えの場合はお早目にご相談下さい。
まずは打ち合わせをさせていただいております。初回相談は無料です。


 費用のご案内
(異なる法務局管轄へ移転)
  当事務所報酬 金3万円(税別)
+
実費(登録免許税 金6万円・事後謄本費用)

 ※他手続きもご依頼される場合別途費用がかかります。ご相談下さい。
 ※完了後にお渡しする登記事項証明書一通分の費用が含まれています。
  1通以上必要な場合には、必要通数分の実費を追加で頂いております
  のでご依頼の際にお申し付け下さい。
 ※当事務所の司法書士がお客様の所へお伺いする場合は、出張費を頂く
  事がありますのでお問合せ下さい。




寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内

札幌相続手続き相談室

札幌会社設立相談室


札幌司法書士お知らせ
札幌で夜間司法書士相談実施

夜間相談も承ります


お仕事の帰りでも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。

更新情報
  • H29.8.4 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所