本文へスキップ

自筆の遺言書作成のご相談は札幌駅徒歩5分

TEL. 011-700-2151

札幌市北区北9条西4丁目7-4エルムビル10階


自筆の遺言書作成のご相談

自筆の遺言書は手軽だけど無効になる危険が

自筆証書遺言書は無効になるかも自筆証書遺言書とは、本人の自筆で書かれた遺言書の事で、下記のように一定のルールに則って書かなければ無効になってしまう可能性のある遺言書です。公証人役場で作成してもらう公正証書遺言書とは異なり、多くの短所があります。

  1. 自分で直筆で書かなければならない(※原則PCやワープロでの作成は無効ですが、財産目録だけPC、ワープロ可能、但し、財産目録に署名捺印が必要)
  2. 名前を書く
  3. 日付を書く(※令和1年5月1日のように特定された日を書きます。5月吉日など不特定なものは無効。)
  4. 自分で押印する

自筆の遺言書の短所

  • 相続手続きの前に家庭裁判所に検認申立てが必要。検認する事で相続人に遺言の存在及びその内容を知らせ、内容を明確にして偽造・変造を防止する。ただし遺言書の有効性を家庭裁判所が認めてくれるわけではないため、内容によっては無効になる。
  • 内容に無効となる要因があった場合、一部ではなく遺言書そのものが無効となる場合がある。
  • 財産に記載漏れがあった場合、記載のない財産については法定相続人全員で遺産分割協議を行わなければならない。
  • 紛失、変造、隠ぺい、死後に発見されない等の恐れがある。
  • 相続人全員の戸籍や、亡くなった方の出生から死亡時までの戸籍等、多くの書類を集めて手続きをするため相続手続きの完了まで手間と時間がかかる。
      

新たに自筆証書遺言書保管制度が開始

自筆証書遺言書保管制度が開始    
費用もかからず手軽に書けると言う点では自筆証書遺言書は良いのですが、内容によっては作成しても無効になる可能性があるため注意が必要です。
遺言書を作成される方のご意向が死後に遂行されない危険がある以上、当事務所では基本的に自筆証書遺言の作成をおすすめしておりません。

しかし、令和2年に法務局で開始された自筆の遺言書を預かる自筆証書遺言書保管制度は、同じ自筆証書遺言書の作成でも、家庭裁判所での検認手続きが不要になったり、紛失・隠ぺい・偽造の可能性が無くなるため、どうしても自筆で遺言書を作るのであれば、こちらの制度を利用される事をお勧めしております。
自筆証書遺言書保管制度支援
但し、お客様の希望や健康上等の事情により公正証書遺言書の作成や自筆証書遺言書保管制度の利用が難しく、ご自分で保管する自筆証書遺言書の方が良いと判断した場合は、作成をサポートさせて頂いております。自筆証書遺言書の作成をお考えの場合はまずご相談下さい。


 費用のご案内
(自筆遺言書作成支援)
当事務所報酬
金7万円(税別)
(日当交通費・通信費含む)




寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

札幌の司法書士村中修二
札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内
札幌相続手続き相談室
札幌会社設立相談室
 お知らせ
 

夜間相談も承ります


お仕事帰りも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。
更新情報
  • H31.3.25 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H30.2.6 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H29.8.8 
    法定相続情報証明」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所