本文へスキップ

司法書士を札幌でお探しなら!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

遺言書がなかった事によるトラブル


ケース 1「 相続の際、遺産をどう分けるかで話し合いがつかず、
        仲の良かった子供達や親族の関係が悪くなってしまった」

札幌で遺言書の作成遺言書がなかった事で起こってしまう、最大の悲劇がこのケースです。
これまで相続登記のご依頼をお受けしてきた中で、相続人の間で不動産や預金などをどう分けるか話し合いがつかず、手続きが進まないという事が多々ありました。たとえそれが仲良しの兄弟であったり、配偶者と子であったり、財産が多くなかったとしてもです。

ご遺影を前に、相続人の方々が揉めてらっしゃるのを見ていると、我々も大変切ない気持ちになります。遺言書さえあれば・・・と「本当にどこかに遺言書はないのでしょうか?」と何度もお聞きしてしまいます。
たとえ遺言書が相続人のどなたかに不利な内容だったとしても、残されたご家族は故人の遺志を汲もうと気持ちの整理をされるので、争いにはなりにくいのです。当事務所はこれまでの経験から声を大にして言います。 

「遺言書を残しましょう。それはご家族への思いやりです。」 

残ったご家族が無駄に思いわずらう事のないよう、どうか安全で確実な、
公正証書遺言で、遺言書を残してあげて下さい。



ケース 2「 同居の父から生前に『いつか自分が死んだら、この家の土地と建物はおまえにあげるよ。そのまま住みなさい』と口頭で言われていた。しかし遺言書はなかったので相続人全員の共有として相続することになり、兄弟から『住み続けたいなら他の兄弟の土地建物の持分を買い取るか、それが無理なら売却してお金できちんと分配したい』と迫られている」

  
口頭での遺言書は危険これもよくあるケースです。口頭で遺言の内容を伝えられていても、遺言書がなければ効力はありません。そのため、結局は法定相続人全員の話し合いで遺産分割協議が行われることになります。このように口頭で相続の内容について言われた場合、ご本人様とよくお話し合いをした上で、公正証書遺言を作成してもらい、後のトラブルを避けましょう。





遺言書の作成は公正証書遺言で


寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

費用は変わりません。

更新情報
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所