本文へスキップ

司法書士を札幌でお探しなら!

TEL. 011-700-2151 相談無料

〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7ー4 エルムビル10階

個人民事再生とは

収入はあるが借金も多額な人のための個人民事再生

札幌で借金と民事再生なら

収入はあるのだけれど、借入金額が多額で家計が圧迫されて苦しい状況にある個人の方、又は売上が比較的安定している事業をしているけれど、借入金額が大きいため経営を圧迫している事業者の方など、一定の収入のあるお客様が利用できる手続きで、裁判所へ申立てが必要となります。

申立てをする場合、自分の将来の収入の中で一定額の債務を分割して返済する計画(再生計画と言いいます)を作成します。
裁判所は、その作成された再生計画を債権者の決議に付して、可決された場合その再生計画を認めるか否かの判断をします。裁判所に認められた場合にはその再生計画に従った返済をし、残りの債務は免除される事になります。

個人民事再生手続きは、裁判所主導で再生計画をたてる事で借入総額の減額が可能で、減額後は基本的に約3年間の分割返済をする事になります。

また、住宅ローンがある場合は、自己破産とは異なり、住宅ローンの支払いを継続したまま、支払い計画を変更することで、住宅を手放すことなく手続きを進める事ができる場合があります。

よく「定職があり給与もきちんと出ているが、借金が多額で、他に住宅ローンもある」と言う方が、住宅を売却しなければならないのではないかと悩まれて、どこにも相談せず長く借金に苦しまれている場合があります。
そんな時は民事再生と言う手続きもありますので、まずは一度相談される事をおすすめします。

 個人民事再生のメリット  個人民事再生のデメリット
裁判所主導のもと債権者に再生計画を認めてもらうため、債権者からの同意を得やすい。かつ、返済期間は基本的3年と短く、債務総額も減額される。
住宅ローンを継続することも可能なので、持ち家を手放さなくて済む事がある。
裁判所への予納金が高額な為、費用が高額。自己破産と同じように信用情報に傷がついてしまう。




◆費用のご案内

個人民事再生費用  総額35万円〜

<内訳>
当事務所報酬 15万円(税別)

(裁判所予納金・印紙・切手20万円前後)

※ 当事務所では、債権を減額した際
「減額成功報酬」を追加でいただく事はありません)

※ お客様に取得していただく書類がいくつかございますが、
 こちらで取得した場合には実費と報酬を頂いております。 

関連業務のご案内






寺西広司法書士事務所

〒060-0809
札幌市北区北9条西4丁目7ー4        エルムビル10階

TEL 011-700-2151
FAX 011-700-2152

<営業時間のご案内>
平日 AM9:00〜PM6:00
(土日祝祭日は休み)

札幌寺西広司法書士事務所

札幌で全国の不動産に対応

札幌特設サイトのご案内

札幌相続手続き相談室

札幌会社設立相談室


札幌司法書士お知らせ
札幌で夜間司法書士相談実施

夜間相談も承ります


お仕事の帰りでも、お気軽にご相談に来ていただけるよう、夕方6時以降の相談も承ります。
お電話やメールでのご相談の際にお気軽にお申し付け下さい。

更新情報
  • H29.8.4 
    「所長のコラム」更新しました。
  • H29.3.7 
    「スタッフ紹介」を更新しました。
  • H29.3.2 
    「住宅(共同住宅)ローンの借り換え」ページを追加
  • H28.8.30 
    「外国の方・海外在住の方の不動産登記」ページ追加

LINK

司法書士を札幌でリンク札幌司法書士会

司法書士を札幌でリンク日本司法書士会連合会

司法書士を札幌でリンク土地家屋調査士本名淳事務所